コーキング補修

コーキング(シーリング)

コーキング(シーリング)の費用相場

投稿日:

外壁コーキング 費用 相場

外壁コーキング(シーリング)の費用相場について。

外壁塗装をする際、コーキングの補修も発生します。
サイディングやALCなどを外壁材としている住宅では、7年~10年といった期間でコーキングが劣化してきますので、外壁塗料の塗り替えに合わせてコーキング打ち替えをするのが一般的です。

耐用年数を考えると、打ち替えが基本です。

外壁塗装をしてコーキングはしない、といったことはありません。

この記事では、コーキング補修での「打ち増し」「打ち替え」の違い、それぞれの費用相場、外壁コーキングの重要性などについてまとめています。

外壁塗装をする際には、コーキング補修にかかる費用もしっかりと見積もることが重要になります。

コーキング(シーリング)の役割と劣化症状

シーリングひび割れ

外壁の塗膜が経年劣化するのと同様に、コーキングも経年劣化します。

コーキングの役割は健在の固定、クッション、雨水の浸入を防ぐといったことがありますが、年数が経つと硬く細くなり、隙間が空いてきたり、ひび割れが起きたりしてきます。

そうなるとコーキングの隙間から雨水の浸入が起こりサイディングの内部が腐食したり、反ったり割れたりといった可能性もあります。

特に窯業系サイディングは水に弱いので、コーキングのひび割れなどは早急に補修が必要です。

外壁塗料と同様にコーキングにも寿命があり、一般的には7年~10年程度と言われています。

コーキング(シーリング)補修の費用相場

コーキング補修の費用相場ですが、一般の住宅で業者に補修を依頼する場合、

コーキング打ち替えで30万円~50万円

が費用相場と考えられます。

実際にどれくらいコーキング補修の費用がかかるかは見積もりをする必要があります。

住宅が大きくなれば、それだけコーキング材も増えます。

数年後に外壁塗装する、先にコーキングだけひび割れして・・・といった場合には、打ち増しで費用を安く抑えるという選択肢もあります。

シーリング費用も業者によって差がありますので、相見積もりを取られることをおすすめします。

2階建て住宅の場合、補修に足場が必要になりますので足場代(10万円前後)も加算されます。

そうなると、コーキング補修も意外と費用が高くなりますので、合わせて外壁塗装もやるか、といった流れになるお宅が多いようです。
(外壁塗装まで打ち増しで持たせる、という選択肢もここで出てきます)

コーキング 打ち増し単価

コーキングの補修ですが、

  • コーキング打ち替え
  • コーキング打ち増し

と種類があります。

打ち増しをしても3年程度しか持たないケースが多いため、基本的にはコーキング打ち増しが多くなります。

あと何年かしたら住宅を建て替える、外壁塗装をするのでそれまで持たせたい、といったような場合には打ち増し補修を選択するといったこともあるでしょう。
耐用年数を考えると、打ち替えが良いでしょう。

コーキング打ち替え単価の相場

コーキング打ち替えの単価、費用の相場としては、

打ち替え相場:900~1,200円/㎡

となります。

コーキング打ち替えの場合には、古いコーキング材を撤去する必要もあります。
そのため撤去費もかかりますので、その分、費用は高額になります。

DIYが得意で自分で肉やせ・剥がれたり、ひび割れた部分を補修していた場合、コーキングを撤去するのに手間が増える場合があります。

そうなると撤去費用が上がる可能性もありますので、コーキングに関してはあまり自分自身で多くの場所を塗ったりはしない方が良いかもしれません。

コーキング打ち増し単価の相場

打ち増しの場合、全ての箇所に補修しなくても良い場合もあると思います。
その場合には、必要なコーキング材も少なくなりますので費用が安くなります。

打ち替えと比較して施工時間も短いですし、費用も安く抑えることが出来ます。

ただし、耐用年数は2,3年~5年程度となります。

コーキング打ち増しの単価の相場としては、

打ち増し相場:700~900円/㎡

となります。

打ち増しの方が費用は確かに安く済みます。
とはいえ寿命は短いですから一時しのぎということを理解されることが重要です。

外壁塗装の際には基本的には、打ち替えとなります。

あと数年で外壁塗装の予定がある、建て替えを検討している、といった場合。
コーキングがひび割れていて、といった場合には打ち増しで応急処置といったケースはありですね。

30坪の住宅のコーキング打ち替えの費用の相場

例として、戸建て住宅の平均的な坪数といわれる30坪でコーキング打ち替えを行った場合の費用をおおまかに計算してみます。

30坪の住宅の外壁面積の概算は、

延べ坪数 × 3.3㎡ × 1.2 = 外壁面積

計算する事が出来ます。

30坪 × 3.3㎡ × 1.2 = 118.8㎡

となります。

150mコーキング部分があったとして、1,000円/mで計算すると、118,800円。

撤去費用も3万円な前後と発生します。

また足場代も10万円前後が30坪の戸建て住宅の相場と考えられますので、合計で約25万円となります。

コーキング材も種類がありますし、職人さんの人件費も差があります。

コーキングは国家資格も存在しますし、コーキング専門業者もあるほど難しいと言われます。

熟練の職人さんの場合には費用が上がるのは納得です。

というように、コーキング補修の費用に関しても業者により、見積もり価格はかなり差が出ることがあります。

足場代にしても上記では10万円でみましたが、15万円ほどかかる場合もあります。

正確な費用に関しては、やはり見積りを取られることをおすすめします。

コーキング補修は外壁塗装と一緒に行うことが多い理由

外壁塗装の際、点検するときに一緒に必ずチェックされるのがコーキング(シーリング)の劣化状況です。

コーキングの耐用年数は7年~10年程度。
長くても15年といったところになります。

新築の外壁の場合には7年程度で塗り替えになる場合も多いですから、一般的には外壁塗装の際に一緒にコーキングも打ち替えを行うことが多いです。

コーキングも経年劣化します。

外壁塗装と一緒に補修した方が、外壁の強度を強く保つことが出来ます。

せっかくの住宅ですから、強度を強く保ち長持ちさせるためにもコーキング補修も必要な工事となります。

自分でDIYでコーキング補修しても良い?大丈夫?

DIYが好きな方は自分でコーキング補修したい!という強い気持ちを抑えるのが難しいかもしれません。

コーキング補修に必要なコーキング剤、その他の材料・道具もホームセンターで手軽に購入することが出来ます。

一式揃えられますからね。

打ち替えの道具も揃えれば、チャレンジすることが出来ます。

ただ、DIYでコーキング補修をする場合にはリスクもあります。

2階部分のコーキング補修をするには、業者さんであれば足場をしっかりと作り安全性を確保します。

DIYでやる場合には、脚立、ハシゴでしょうか。
転落の可能性が高いですから、特に注意が必要です。

費用を安く抑えるためにDIYに挑戦したのに、転落して入院・・・仕事も休んで、といったことになってしまえば目も当てられません。

また当然ですが、素人がコーキング補修した場合、耐用年数が短い可能性が高いです。

結局すぐに専門業者に依頼をすることになるのであれば、DIYした分の費用が高くなります。

どうしても自分でコーキングしてみたい!といったDIY欲を満たすのであれば別ですが、特にそうしたものが無い場合には、最初から専門業者に依頼した方が耐用年数も長く、質の高いコーキング補修をしてもらうことが出来ます。

DIYでコーキング補修をする場合には、安全性を考えて1階部分だけにするなどの方が良いかもしれません。

コーキングは国家資格、専門業者もあるほど難しい技術

基本的にはコーキングは自分で行わず、業者に依頼した方が長持ちで質の良い補修が出来ます。

コーキングは国家資格があるほど難しい工事と言われています。
コーキングを専門に行う業者が成り立つほどの工事です。

住宅の防水性、耐候性のためにコーキングは重要です。

そして業者によって費用に大きな差が出ることもあります。

より安い費用、優良業者に外壁塗装、コーキング補修を依頼したい場合には相見積もりが必須と言えます。

相見積もりの方法としては、地元の優良業者を探しやすい外壁塗装の一括見積もりサイトを利用して相見積もりを取られる方法がおすすめです。

ヌリカエ

⇒ 外壁塗装・屋根塗装 地元の優良業者を探せるサイト【ヌリカエ】

上記の一括見積もりサイトは、最初は中立な立場の専門アドバイザーを介して業者とやり取りを行います。

業者からの営業電話などもありませんから、安心して利用出来るのでおすすめです。

-コーキング(シーリング)
-,

Copyright© 外壁塗装 費用 シミュレーション , 2020 All Rights Reserved.