雨樋の塗装について

外壁塗装の費用

付帯部塗装の単価・費用

投稿日:

付帯部塗装の単価

付帯部塗装の単価についてご紹介しています。

外壁塗装の際、付帯部分の塗装も一緒に提案されます。

付帯部とは、雨戸、雨樋、破風板・軒天といったよく聞く部分もありますし、鼻隠し・幕板・水切り・笠木・換気フード・シャッターボックス・換気フード・玄関ドア・シャッターなどたくさんあります。

付帯部は住宅によって異なります。

また付帯部を塗装する際に注意したい点もありあす。
外壁塗料の耐用年数と付帯部塗装の耐用年数を合わせることも重要だということです。

屋根塗装も含めて、外壁塗装ではいずれの部分であっても耐用年数を合わせることは大切です。

屋根や外壁の塗装に関しては見積書もじっくり見て複数業者を比較される方は多いとと思いますが、付帯部分に関してはさらっと見て流してしまう方も多いのではないでしょうか。

付帯部の塗装にも単価があります。

付帯部塗装の単価、費用相場について中心にご紹介します。

付帯部とは

外壁、屋根の塗装を依頼すると、見積書に付帯部塗装の費用も記載されて提案されることが多いです。

付帯部とは、先ほどもありましたが

雨戸、雨樋、破風板・軒天・鼻隠し・矢切・巾木・幕板・雨樋・水切り・笠木・換気フード・シャッターボックス・換気フード・玄関ドア・シャッター・戸袋・窓枠・ベランダ鉄部など

それはもう沢山の付帯部があります。
(建物によって異なります)

それぞれの付帯部の説明は別記事にてまとめたいと思いますが、外壁塗装においては付帯部も一緒に塗装をするのが望ましいです。

なぜか?

それは付帯部の多くが、

建物の防水性

に関わっているためです。

付帯部は建物の防水性に関わることが多い重要な部分

雨樋

壁や屋根をしっかり塗装したとしても、費用を安く抑えたいから、と付帯部を塗らないで放置しておくと付帯部の劣化から建物の防水性が失われ、そこから雨漏りなどが発生する可能性もあります。

例えば、破風板、鼻隠しなどは雨漏り防止に重要な付帯部となります。

また付帯部を塗装しないと建物の美観もよろしくないです。
意外と劣化しやすい部分でもあります。

外壁と屋根は綺麗になったのに、付帯部の色が剥がれてしまっている・・・人の目は付帯部の色褪せた部分にいってしまうものです。

付帯部塗装もとても重要です。

付帯部の費用も見積書でチェック!

外壁塗装の際、複数の業者に相見積もりを取られる方は多いと思います。

見積書の比較の際に必ず付帯部分の塗装に関してもチェックをしてみてください。

付帯部が含まれていない場合や「一式」でまとめて費用を見積もっている場合などは、後から追加費用が発生する可能性や、見えにくい付帯部を塗装せずに手抜き工事されるちいった悪質な業者の可能性があります。

優良塗装業者と呼ばれる業者は、現地調査の際にしっかりと付帯部もチェックして詳細を見積書に記載してくれます。

付帯部 塗装単価、費用相場

付帯部の塗装単価、費用についてです。

業者によって単価、費用は異なりますのであくまで相場としてご参考になさってみてください。

付帯部の見積り金額についても、相見積もりで比較をされると良いかと思います。

使用する塗料によっても金額が変わります。
出来るだけ外壁や屋根の耐用年数に合わせた塗料選びが良いでしょう。

劣化しやすい付帯部分、劣化しにくい付帯部分とありますので、それぞれで塗料を変えることも費用を安く抑えることにつながります。

塗装業者と相談されてみてはいかがでしょうか。

付帯部塗装 単価

一例ですが、付帯部の塗装、単価・費用相場としては次のような金額で見ておかれると良いでしょう。

軒天     : 1,200~1,500円/㎡
破風板    : 800~1,300円/㎡
鼻隠し    : 800~1,300円/㎡
霧よけ    : 2,000~2,500円/㎡
雨樋     : 600~2,000円/㎡
笠木     : 400~800円/㎡
水切り    : 200~500円/㎡
換気フード  : 500~800円/㎡
雨戸     : 2,000~3,000円/枚
戸袋     : 2,000~2,500円/枚
窓枠     : 500~1,000円/㎡
玄関ドア   : 3,000~4,000円/枚
ベランダ鉄部 : 1,000~1,200円/㎡
シャッター塗装: 1,000~3,000円/㎡

など、付帯部といっても住宅によって様々な場所があり、上記以外にも付帯部があります。

建物の作りに合わせて業者に提案してもらうことが大切です。

付帯部の塗装単価・費用の相場も抑えて業者の比較をおすすめします

外壁塗装、屋根塗装についてはしっかりと情報収集をしてから、塗装業者に見積り依頼、という方は多いでしょう。

しかし見落とされがちなのが付帯部の塗装です。

いずれの付帯分も必要な部分のために存在していますし、建物の防水性のためにも重要な付帯部もあります。

付帯部の費用に関しては、業者任せ、といった方も多いようです。

業者としても費用を安く抑えて見積り金額を良く見せるために、費用を抑えやすいのが付帯部となります。

費用が安い方が相見積もりで選ばれやすい、といった事情もあるでしょう。

外壁、屋根はフッ素塗料で耐用年数が長いのに、付帯部分はウレタン塗料で安い費用で費用総額を安く抑えている。

利用者としては費用は安い方が良いですよね。

それでなくても80万、100万といった金額になる外壁塗装、屋根塗装です。

しかし、付帯部が先に劣化してしまうとフッ素塗料の耐用年数を待たず、再び足場を組んで塗装・補修をして・・・と費用がかかってしまいます。

基本的には、付帯部も耐用年数を合わせるように塗料選びをされることをおすすめします。

外壁塗装の費用を安く抑えるポイントについて、関連記事もご覧になってみてください。

外壁塗装の見積もり 関連記事

外壁塗装 費用を安く抑えるポイント

外壁塗装の費用を抑えるためのポイントについてまとめています。
気をつけたいのは格安、激安の業者の提案に惑わされないことです。
また過度に塗装業者に対して値引き要求などをしないことも大切です。

-外壁塗装の費用
-,

Copyright© 外壁塗装 費用 シミュレーション , 2019 All Rights Reserved.