ハウスメーカーの営業マン

外壁塗装の費用

外壁塗装 中間マージンとは

投稿日:

外壁塗装 中間マージン

外壁塗装の費用を高くする原因の1つに、中間マージンがあります。

ただでさえ高額な費用がかかる外壁塗装ですが、中間マージンが発生するとさらに価格が高くなってしまいます。

ハウスメーカーや工務店、大手リフォーム業者に塗装を依頼すると、たいていは下請けの塗装業者が実際に塗装をしますのでその分、費用が高くなります。

外壁塗装の費用を安く抑えるための方法の1つとして、外壁塗装業者に直接依頼をする方法がおすすめです。
中間マージンが発生しません。

外壁塗装の中間マージンについて、さらに詳しくみていきましょう。

外壁塗装の費用を高くする、中間マージンって何?

外壁塗装の費用を安く抑えたい

中間マージンとは、

仲介手数料、紹介料

のことを言います。

外壁塗装業における中間マージンとは、例えば、

施主からの外壁塗装の依頼 ⇒ ハウスメーカー(仲介料) ⇒ 下請け業者による塗装

といった発生パターンとなります。

関わる業者が増えるほど、中間マージンも増えます。

下請け業者が孫請け業者に仕事を出せば、そこでも中間マージンが発生します。

ハウスメーカー、工務店、大手リフォーム業者の多くは塗装職人や足場職人を自社で雇用していません。

仕事が発生する度に協力職人(下請け業者)に仕事を依頼し、外壁塗装や屋根塗装を完了させることになります。

外壁塗装の場合、塗装を施工する塗装業者と、足場設置・解体を専門とする足場業者(足場屋さん)と別々のことも多いです。
その分、中間マージンが発生して費用が高くなります。

中間マージン

中間マージンは外壁塗装業に限らず、どの業界でも発生します。

最近は仲介手数料無料が増えてきましたが、賃貸アパート・マンション、不動産、IT業界、人材派遣など「紹介」が絡む仕事には「中間マージン」はつきものです。

無料で人材、物資を紹介します、とやっていては会社が倒産してしまいます。

では、なぜ中間マージンは高くなっていくのでしょうか。

なぜ、中間マージンは高くなるの?

ハウスメーカーや大手リフォーム業者(元請け)は全国から仕事を請け負います。
集客力に優れている、といえます。

テレビCMを打っているハウスメーカーも多いですから、知名度は抜群です!

住宅を新築した時のハウスメーカーにそのまま外壁塗装を依頼する方も多いでしょう。

しかし、全国の支社、拠点に職人を雇用して配置していることはありません。

仕事が発生する度に地域の下請け業者に仕事を発注して、施工をしてもらいます。

下請け業者は規模が小さい会社が多いです。
個人事業の会社もあるかもしれません。

下請けの会社は塗装職人が代表で1人親方のところもあるでしょう。

雇用しているスタッフも全員が職人、といった塗装業者も少なく無いですから営業面がとても弱いです。

そのためハウスメーカーなどの下請けになり、仕事を発注してもらうという構造になっています。

下請け業者、孫請けで中間マージンがさらに増える

下請け業者に仕事が依頼されたとしても、足場は自社で組めない場合にはさらに足場業者に依頼がいきます。

「屋根塗装も依頼があったけど、あまり経験が無くて」

外壁の経験しかなく、屋根塗装が出来ない場合には屋根塗装が得意な業者に依頼がいきます。

その際、

下請け業者(中間マージン) ⇒ 孫請け業者

となり、ここでも仕事を依頼する度に中間マージンが発生します。

それぞれの会社が利益を確保する必要がありますから、関わる会社が増える度に中間マージンが発生するため、費用が高くなっていってしまいます。

【仲介業者が1社】
施工費用100万円
中間マージン30万円

実際に使われる施工費用は70万円

【仲介業者が2社】
施工費用100万円
中間マージン30万円+30万円

実際に使われる施工費用は40万円

といったことになっていきます。

仲介業者が増えても、元々請け負った施工費用は変えられません。

関わる業者が多いので、150万円に費用をアップしてくれませんか?

と後から言われることはないはずです。

もし言われても断るでしょう。

中間マージンで少なくなった費用で、実際に塗装が行われることになります。

中間マージンが増えることで起きるトラブル

中間マージンをどれくらい取るか、相場は特に決まっていません。

20%、30%とも言われますが、上流の元請け会社ほど高い中間マージンを取ることが多いといえます。

中間マージンが発生すると、下請け業者は下りてきた費用内で仕事をすることになります。

手抜き工事、質の低い外壁塗装になる可能性

100万円でお客さんから依頼された外壁塗装。うちで30万、中間マージン取るので70万で施工して

といったことになります。

そこから下請け業者も利益を出さなくてはなりません。

「でも、質の良い仕事をするには費用が足りない・・・」

と思っても、既に契約している以上、お客さんに追加費用を下請け業者から頼むことは難しいです。

そのため、施工を完了させるために費用を削るしかない、という状況になることも。

費用を削る方法として、

・塗料を薄める
・3回塗りの塗料を2回しか塗らない
・安くグレードの低い塗料に変える
・工事を飛ばす(手抜き工事)
・安い人材を使う

などが考えられます。

立場的には下請け業者は弱いですから、こうした状況が発生しやすくなります。
いずれも後のトラブルになりやすいといえます。

塗料を薄めたり、工事を省略すると塗料の耐用年数まで持ちませんし、半年、1年で塗膜が剥がれたり、浮いたり、といったトラブルも起きやすくなります。

特に手間のかかる下地処理は施工状況が分かりにくく、手抜きされやすい作業です。

外壁塗装のトラブルが多い理由は、作業工程の実施が分かりにくいことも起因しています。

手抜き工事をしやすいのが外壁塗装、といえますので中間マージンが増えていく場合には、質の高い工事が出来るだけの適切な費用なのかどうかが、重要となります。

あえて中間マージンを支払って外壁塗装するメリットもあり

中間マージンが発生する大手ハウスメーカーやリフォーム業者に外壁塗装を依頼する場合、安心、保証を買うという考え方が出来ます。

大手ハウスメーカー、リフォーム業者はアフターフォローや保証は手厚いです。

施工不良があった場合でも保証に含まれるケースは多いでしょう。
(保証内容の確認は必須です)

多くの下請け業者がいるため、アフターフォローも早く対応してもらえる可能性があります。

依頼の度に業者が変わる可能性もありますが、大手ハウスメーカーに依頼する事で長期に渡る安心は買えるかと思います。

地元の業者の場合、何年かしたら閉業、廃業していたというケースは実際にあります。
そうなると、アフターフォローどころではありません。

「この度廃業しますので、何かあれば知り合いのこちらの業者へ連絡してやってください」

と丁寧にお知らせしてくれるようなことは基本的にはありません。
連絡したら、連絡が取れない。

調べたら、廃業したみたい・・・

新たに別業者を探すことが必要です。

中間マージンを省くと、外壁塗装の費用は安く抑えられる

中間マージンを省くことが出来れば、当然、外壁塗装の費用も安く抑えることが出来ます。

そこで直接、地元の外壁塗装業者に見積もり依頼をして、信頼出来そうな業者に外壁塗装を施工してもらうという方法を取る方も多いです。

一括見積もりサイト、外壁塗装の仲介サイトが増えてきた結果として下請け業者に直接、見積もり依頼、施工依頼がしやすくなってきました。

中間業者を挟まず、下請け業者として仕事をしている地元の塗装業者に依頼出来ると、工事予算のほとんどを施工費用に充てることが出来ます。

そのため、質の高い外壁塗装をしてもらいやすいメリットがあります。

直接、地元の塗装業者を探して依頼する方法もありますが、相見積もりを取るのが大変です。

そこで多くの方が利用しているのが、外壁塗装一括見積もりサイトを使う方法です。

外壁塗装一括見積もりサイトも、いうなれば中間マージンが発生しますが、ハウスメーカーなどのマージンと比べて安価といえます。

外壁塗装の一括見積もりサイト

ヌリカエ

ヌリカエは外壁塗装業者に一括で見積もりを依頼することが出来るサービスです。

登録したらいきなり複数の業者から連絡が来る!対応が大変・・・といったことは無く、問い合わせ後は「ヌリカエの専門アドバイザー」が間に入りヒアリング、業者とのやり取りを代行してくれます。

実際に見積もり依頼をする際に、現地調査のために業者から連絡がこの段階で来る事になります。

相見積もりの結果、お断りする業者もいますが断りに関してもヌリカエのアドバイザーに代わりに連絡してもらうことが出来ますよ。

利用者の負担が少なく効率良く外壁塗装一括見積もりが出来るメリットがあります。

⇒ ヌリカエ 公式ページ

-外壁塗装の費用
-,

Copyright© 外壁塗装 費用 シミュレーション , 2020 All Rights Reserved.