外壁塗装 見積もり、どこに頼む

外壁塗装 見積もり

外壁塗装 見積もり、どこに頼むと良い?

投稿日:

外壁塗装 どこに頼む?

外壁塗装業界は、悪質な業者が多く存在しており毎年、多数のトラブルが発生しています。

特にトラブルに巻き込まれやすいのは高齢者のいるご家庭です。
高齢者のみ世帯も多いことから、外壁塗装やリフォームに関するトラブルに巻き込まれやすくなっています。

トラブルが多いことは事実となりますので、依頼主側としても気をつける必要があります。

壁塗装やリフォームをすると言った場合には相見積もりが必須ですが、どこに頼むと良いでしょうか。

外壁塗装を手がける家電量販店、ホームセンターも増えてきています。

業者選びにしても選択肢が増えていますが、外壁塗装はどこに頼むと良いでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットを比較しています。

外壁塗装の見積もり、どこに頼む?業者ごとのメリット・デメリット

外壁塗装の業者選びの相談

外壁塗装の見積もりをするにしても、色々な業者に見積もり依頼をすることが出来ます。

外壁塗装の見積もりをどこに頼むと良いか、業者ごとのメリット・デメリットからみてみましょう。

比較の対象としては主に、

  • ハウスメーカー(大手業者)
  • リフォーム業者
  • 地元の塗装業者

となります。

また外壁塗装やリフォームも家電量販店の参入なも増えつつありますので、家電量販店に外壁塗装を依頼するメリット・デメリットについてもご紹介しています。

ハウスメーカー(大手業者)に外壁塗装を依頼する場合

住宅をハウスメーカーで新築された方も多いと思います。

その場合、10年点検の際などに外壁塗装についても提案や見積もりが届くことが多いでしょう。

営業体制がしっかりしているハウスメーカーであれば、営業担当者から連絡が来ると思います。

  • ダイワハウス
  • 積水ハウス
  • パナホーム
  • タマホーム
  • 旭化成ホームズ
  • トヨタホーム
  • ミサワホーム
  • 一条工務店

など多数の大手ハウスメーカーがあります。

新築時のデータがありますから、新築と同じような外壁の綺麗さを復活させることもしやすいでしょう。

大手ハウスメーカーならではの安心感、長期保証などもメリットといえます。

反面、下請け業者に実際の作業を出すことが多いためマージンが発生し、費用が割高になるケースが多いです。

構造的に下請け業者は落ちてきた費用で工事を行わざるを得ず、その中で自社も利益を確保するために工事の質を合わせる必要があります。

住宅販売の売上げが厳しいエリアなどは、リフォーム、外壁塗装に力を入れていることも多く、営業担当者によっては強引に契約をまとめようとすることもあります。
(全員がそうではありません。営業担当者によります)

リフォーム業者に外壁塗装を依頼する場合

リフォーム業者でも外壁塗装を行える事も多いです。
リフォームついでに外壁、屋根塗装も、といったニーズもあります。

その場合、元々外壁塗装業者から発展してリフォームも手がけた、といったリフォーム業者であれば質の良い外壁塗装が期待できます。

ただし、コンスタントに塗装を行っているかどうかもポイントです。
塗装技術を維持出来るかは、コンスタントに塗装工事をしているかが重要だからです。

中には自社で塗装職人がいないため、下請け業者に出す場合もあります。

塗装職人が代表者を含めて数人いるので自社受けで行う場合もあります。

確認されることがポイントといえるでしょう。

しかし元々はリフォーム業がメイン、顧客からニーズがあったので依頼を受けて下請け業者に仕事を出す、といった場合もリフォーム業者では多いです。

その場合、マージンも発生しますから費用は高くなります。
また、リフォーム業者の担当者に外壁塗装の知識が乏しいこともあり質の低い工事になる可能性があります。

地元の塗装業者に外壁塗装を依頼する場合

地元の塗装業者に依頼する場合、メリットは外壁塗装の専門業者ですからやはり技術が高いこと。

地域の特性を理解した上で住宅が長持ちするような外壁塗装の提案、施工を行ってくれること、です。

自社施工のため、費用を安く抑えられることもメリットとなります。

下請け業者が実績を積み、元請けとなったケースが多く、とにかく良い仕事がしたい、という気持ちが強い塗装業者の代表者の方が多いことも特徴です。

そうした優良塗装業者に依頼が出来ると、非常に質の高い塗装をしてもらうことができます。

  • 外壁塗装の施工実績が豊富
  • 創業から長い塗装会社
  • 職人の口コミ・評判が良い
  • 塗装に関しての有資格者がいる
  • 保証、アフターフォローがしっかりしている

といった点などをしっかりとチェックされると、地元の優良塗装業者に当たる可能性が高くなるといえます。

デメリットとしては、会社の規模が小さい(職人の人数が少ない)場合には緊急の際でもなかなか連絡が取れないことがある。

職人気質の代表者、担当者の場合、話し方など慣れるまで対応が雑に感じられる、といったことも挙げられます。

家電量販店に外壁塗装を依頼する場合

異業種参入が増えつつある外壁塗装業界ですが、家電量販店でも外壁塗装を依頼出来るところもあります。

家電量販店の自社内で塗装職人を雇っているわけでは無く、下請け業者に依頼されます。

そうなるとやはり中間マージンが発生しますし、費用が安い場合には、その分何かが削られた工事が行われると考えて良いでしょう。
現状ではデメリットの面が大きいのではと考えられます。

大型量販店の窓口対応をする店員は知識は乏しく、細かい要望を下請け業者に伝えるのも難しいでしょう。

安い塗料を使って安いパック料金で掲載している場合もあります。

パック商品があるのでお得に感じることもあるかもしれませんが、質の良い仕事を期待して、というよりは安さ、家電を買ったときに一緒に申し込めるからといったことから選ばれる方が多そうです。

家電量販店のポイントが使えるという点もメリットでしょう。

  • ヤマダ電機
  • ベスト電器
  • コジマ
  • エディオン

などがあります。

外壁塗装の見積もりは比較が大切

外壁塗装は複数の業者に見積もりを取ることが必須です。

外壁塗装は定価が無い工事となるため、業者によって見積もり価格が変わるためです。

1社でそのまま決めてしまうと、費用が高いのか工事内容が妥当なのか比較が出来ません。

大手業者、地元の塗装業者などそれぞれ異なるメリット・デメリットもありますので、気になるようでしたらそれぞれ2社ずつ見積もりを取って比較してみる、といったことでも良いと思います。

上記で外壁塗り替えを考えた時の業者のメリット・デメリットを比較しましたが、おすすめは地元の塗装業者への依頼です。

外壁塗装は費用が高いです。
少しでも費用を安く抑えたい、と思う方が多いと思います。

大手ハウスメーカーに依頼する場合には、下請け業者に仕事を出す際のマージンが発生するためどうしても割高になるケースが多くなります。

おすすめは自社で受けて自社で施工する地元の塗装業者です。

  • 地域の特性を理解した外壁塗装が可能
  • マージンが無い分、費用を安く抑えられる
  • 良い工事をすることに熱意を燃やす職人も多い

優良塗装業者を見極めるのが難しい面はありますが、費用も安く抑えることが出来ますし質の高い外壁塗装を行ってもらうことが出来ます。

その際、相見積もりにも時間がかかることを事前に理解しておく事が大切です。

大切な住宅を守る外壁塗装ですから、相見積もりをもらった後もしっかりと見積書の内容を比較する事が大切です。

見積書の有効期限内で、しっかり時間をかけて比較をしてくださいね。

外壁塗装の見積もり、どこに頼むか迷わなくて良い外壁塗装一括見積もりサイトう

ヌリカエ

地元の塗装業者から相見積もりを取る方法として便利なのが、外壁塗装一括見積もりサイトを利用する方法です。

上記、ご紹介しているヌリカエでは外壁塗装の費用相場を知ることが出来ますし、また相見積もりを取ることも出来ます。

外壁塗装 費用シミュレーションにも使うことが出来ます。
ご自宅の外壁面積の費用相場を知ってから、実際に見積もりを取ることで見積もりが相場から大きく外れていないかも判断しやすくなるのではないでしょうか。

相場を事前に知った上で、地元で実績のある塗装業者から相見積もりを取れるのはとても便利です。

自分で複数の業者を探して相見積もりを依頼するの大変です。
外壁塗装一括見積もりサイトを利用すればそうした面倒さが無いのもメリットです。

⇒ ヌリカエ 公式ページ

-外壁塗装 見積もり
-,

Copyright© 外壁塗装 費用 シミュレーション , 2020 All Rights Reserved.