外壁塗装 費用を安くするには

外壁塗装の費用

外壁塗装 費用を安く抑えるポイント

投稿日:

外壁塗装 費用を安くするには

外壁塗装をするにあたり、「費用を少しでも安くしたい」という方は多いでしょう。
80万円~100万円といった高額な費用となる外壁塗装、1万円でも安いならその方が家計は助かりますよね。

他にも出費の予定があればなおさら、外壁塗装の費用は安く抑えたいです。

この記事では、外壁塗装の費用を抑えるためのポイントについてまとめています。

ただし、気をつけたいのは格安、激安の業者の提案に惑わされないこと。
また過度に塗装業者に対して値引き要求などをしないことです。

では早速、外壁塗装で費用を安く抑える方法についてみていきましょう。

外壁塗装業者の相見積もりを取る

見積もり書

外壁塗装の費用を安く抑えたい場合、複数業者から外壁塗装に関しての相見積もりを取る方法は欠かせないと言えます。

というのも外壁塗装は定価がありません。

業者によって見積もり金額が変わりますし、複数の見積もりをすることで相場の中でも安く外壁塗装が出来る業者が見つかる可能性があるためです。

外壁塗装の費用の内訳としては、以下となります。

  • 人件費
  • 足場代
  • 塗料代
  • その他経費

それぞれの業者からの見積書の内容を比較しますが、いずれも各業者によって変動する費用となります。

職人をベテラン+若手で組んで提案している業者、足場代も少し費用が安く済む業者など違いがあります。

同じ塗料に関しても、仕入れルートによって価格が変わることがあります。

塗料に関しては耐用年数の問題や機能面の問題もありますから、業者と相談しながら決める必要があります。

相見積もりを取る目的としては、1社だけから見積りを取った場合、費用が相場から高いか安いか、判断しにくいということもあります。

見積書を見直す

外壁塗装業者からの見積書、相見積もりを取り工事内容や費用を比較します。

その際、比較した中に良いと思った見積書があったとしても、そのままその業者で工事を進めるのではなく、交渉したり見直しをされることをおすすめします。

見積書の第一弾は点検の上で外壁や屋根の悪いところをしっかりとメンテナンスするためのプランで出ていることが多いため、費用は高めになっているケースがあります。

当然ですが、工事が増えると業者の利益も増えます。

しかし、依頼人としては安く費用を抑えたい。

外壁の部分によっては、良い塗料を使わなくても良い部分があるかもしれません。

外壁塗装には絶対に外せない重要な工程もありますが、他にも費用を削っても、そこまで影響が無い項目もあるかもしれません。

諸経費に関しては、詳しく質問してみて値引きの余地がないか確認されると良いかもしれません。

外壁塗装に火災保険が適用されることもある?

火災保険に加入されているご家庭は多いと思います。

火災保険は自然災害にも適用されるケースがあります。

経年劣化による外壁塗装ではなく、自然災害の後に破損が見つかった場合などは火災保険の利用も検討されると良いかもしれません。

「風災」と呼ばれる災害、台風や強風などで被害に遭った場合には保険が適用される可能性があります。

台風、強風時の飛来物で外壁が破損、落雷などによる損傷も適用になる可能性が高いですから、保険会社に問い合わせをされると良いでしょう。

火災保険の場合、水害などは適用されません。

住宅総合保険に加入されている場合には、適用の幅がグッと広がりますので証券を一度ご確認になられることをおすすめします。

大手業者よりも地元の塗装業者の方が費用が安い

一般的に、大手ハウスメーカー、業者よりも地域密着型の塗装業者の方が外壁塗装の費用を安く抑えられることが多いです。

大手ハウスメーカーは広告費などもかけていますし全体的にコストが高めです。
さらに工事自体は自社スタッフを抱えておらず、下請け業者に依頼します。
そこでマージンが発生しますから、その分費用が高くなります。

しかし地域の塗装業者で自社受けの場合にはマージンは不要です。
細かい費用交渉もしやすいでしょう。

大手ハウスメーカーは高いけれど保証が手厚い、といったメリットもありますから何を重視するかにもよりますね。

安いからとにかく良い!
ということでは無いといえます。

過度な値引き交渉は注意が必要

ハウスメーカー、地元の塗装業者、どちらに外壁塗装を依頼するにしても過度な値引き交渉は避ける必要があります。

外壁塗装の費用を削る = 必要な工程を削る、塗料のグレードを落とす

といったことになるためです。

悪質な業者で無ければ、自社で受けた場合の適正な費用で見積書を作成していることが多いです。

そのため、相見積もりで最初に比較をすることがとても重要になります。

見積書の内容を見直して費用を安くするにしても、最初の見積り費用が高ければ、そこまで下げられない可能性があります。

掃除、メンテナンスで劣化を防ぐ

外壁塗装が必要かどうかは、外壁の状況によります。

耐用年数が10年ほどとなるシリコン塗料を塗った外壁であっても、状態が良ければ12年、13年と持ちます。

その分、外壁塗装に必要なお金を貯めておくことなども出来ますね。

塗り替え期間が長くなれば、コストもそれだけ抑えられます。

日頃から汚れを落とす、といったことだけで外壁の状態を維持しやすくなりますし、ひび割れをもし見つけても軽度な補修をしっかり行えば長持ちさせられます。

外壁塗装と屋根塗装は同時にした方が安い

外壁と同様に、屋根も塗料の耐用年数が来たら塗り直しをした方が良いですし、合わせて補修も行った方が住宅を長持ちさせることが出来ます。

そしてどちらも足場が必要です。

足場自体に違いはありませんから、外壁塗装も屋根塗装も同時に行った方が足場代(住宅であれば10万円~15万円が相場)を一回で済ませることが出来ます。

違う時期に屋根塗装をした場合、改めて足場代が必要になります。

10万円~15万円が変わるのは、考えてみると結構大きな金額ではないでしょうか。

そのため、外壁塗装+屋根塗装というお宅は多いです。

外壁の塗り替えを安く済ませるには

外壁塗装は一気に高額なお金が必要になる住宅工事です。
場合によっては外壁リフォームが必要になる住宅もあるかもしれませんね。

そうなると外壁塗装の費用に加えてサイディングのリフォーム費用も上乗せされることになります。

日頃のメンテナンス、適切な時期に外壁塗装を行うことが費用を安く抑えるポイントでもありました。

しかし、やはり外壁塗装の費用を抑えるためには相見積もりは欠かせませんし、一番、費用が下がる可能性があります。

格安・激安の業者には注意!

外壁塗装の費用を安くしたい、という気持ちが強いとどうしても気になるのが、

「格安・激安の広告を出している塗装業者」

です。

訪問販売で来た営業マンからの激安費用の提案にも心が動いてしまうかもしれません。

しかし外壁塗装などの工事は、先ほどもありましたが定価はありませんが、適正な価格はあります。

費用があまりに安い = 何かを削っている

といったことが考えられます。

それが手抜き工事である可能性は高いです。

人件費、塗料代、重要な工程を削っている可能性もあります。

相場よりも安い価格の裏には、トラブルが待っている可能性が高いと言えます。

外壁塗装 費用を安く抑えるには相見積もりがベスト

外壁塗装は実際に調査しなければ、費用が分かりません。

坪数などからは概算費用しか出すことが出来ないため、実際に外壁塗装を考えたら見積もりを取ることが必要となります。

とはいえ、自分で塗装業者を調べてどこに見積もりを取るかを考えるのは、とても大きな負担です。

なかなかそこまで業者を調べるのは難しいです。
ホームページを持っていない業者さんも多いですからね。

そうした時に便利なのが、外壁塗装の一括見積もりサイトです。

ヌリカエ

ヌリカエでは外壁塗装の費用相場に知ることが出来ます。
相見積もりを取ることも出来ます。

相場を事前に知った上で、地元で実績のある塗装業者から相見積もりを取れるのはとても便利です。

定価の無い外壁塗装では、相見積もりで工事内容、費用の比較をすることはとても大切です。

⇒ ヌリカエ 公式ページ

相見積もりをした後、当然ですが依頼をしない業者が出てきます。

ヌリカエなら業者への断りも代わりに連絡してもらうことが出来ますので、安心です。

-外壁塗装の費用
-

Copyright© 外壁塗装 費用 シミュレーション , 2019 All Rights Reserved.