外壁塗装の費用

外壁塗装の費用

外壁塗装 費用相場、目安はいくら?

投稿日:

外壁塗装 費用 相場

外壁塗装の費用、相場を知りたいという方は多いと思います。
これからハウスメーカーや塗装業者に見積もりをもらう予定、その前に外壁塗装の費用相場について知っておきたい。

外壁塗装の訪問販売を受けたけれど、提示された費用は相場と比較してどうなの?という方もいらっしゃるかもしれません。

外壁塗装は定価が無い、とよく言われます。
しかし費用相場といえる金額はありますので、相場から大きく高い・安いといったような見積費用の場合には注意が必要です。

外壁塗装の目安として、費用相場をぜひ抑えてみてください。

外壁塗装 費用相場、目安の金額について

外壁塗装の費用を計算する

外壁塗装は実際にどれくらいの費用になるかは、実際に業者に実地調査をしてもらい見積書を出してもらう必要があります。

建物によって外壁の劣化状況も違いますし、塗装面積も変わってきます。
今後のメンテナンスも含めて、どの塗料を選ぶかでも金額は変わります。

しかし、外壁塗装を予定する場合、決して安い費用ではありませんからお金の準備も同時に考える方は多いと思います。

どのくらい外壁塗装にお金が必要になるかの目安として、今後の相見積もりの費用相場として比較の基準にもなります。

坪数ごとの外壁塗装の費用相場としては次のようになります。
塗料は一般的に人気で選ばれることが多いシリコン塗料で考えています。

  • 20坪 60万円
  • 30坪 80万円
  • 40坪 100万円
  • 50坪 120万円

一般的な住宅の坪数としては、上記あたりではないでしょうか。

外壁塗装では坪単価で見られることが多いので、ご自宅の坪数から概算の費用を見積もることが出来ます。

30坪 2階建て住宅の外壁塗装費用の計算式

例として、30坪の2階建て住宅の場合での外壁塗装費用を計算してみたいと思います。

あくまで概算の外壁塗装費用ですが、ご自宅の外壁塗装の費用相場を確認したい際には役立つと思います。

この後出ますが、延べ坪とは、1階+2階の床面積のことです。

建坪は、建築物が立っている土地の面積ですね。

建物の外壁面積を求める

外壁塗装の費用を計算するには、外壁面積を出す必要があります。

外壁面積を出すには、まず延べ床面積を出します。
1坪が3.3㎡です。

延べ坪(1階+2階の坪)が30坪とすると、

30 × 3.3㎡ = 99㎡

延べ床面積は99㎡となりました。

この99㎡に、外壁塗装工事の係数1.2を乗じます。

99㎡ × 1.2 = 118.8㎡

118.8㎡が概算の外壁面積となります。

一つの式にすると、以下の計算式となります。

延べ坪数 × 3.3㎡ × 1.2 = 外壁面積

足場面積を求める

外壁面積では足場は必須です。
足場代も費用がかかります。

足場がどれだけ必要になるかも計算することが出来ます。

先ほど求めた外壁面積に、足場係数1.2を乗じて足場面積を計算します。

外壁面積 × 1.2 = 足場面積

118.8㎡ × 1.2 = 142.56㎡

となります。

足場代の単価相場

先に、足場代の計算をしてみましょう。

足場の単価相場はビケ足場(クサビ緊結式足場)で見ると、1㎡あたり700円~1,000円となります。

単価700円(㎡)で計算してみましょう。

700円 × 142.56㎡ = 99,792円

足場代にかかる費用としては、99,792円が求められました。

工事単価に外壁面積を乗じて費用を求める

外壁面積(118.8㎡)に他の工事単価も乗じて外壁費用を計算してみます。

メッシュシート(飛散防止)100円 11,880円
高圧洗浄 200円 23,760円
養生 300円 35,640円
下地補修(ケレン四種) 200円 23,760円
下塗り(シーラー) 600円 71,280円
中塗り(シリコン塗料)2,500円 297,000円
上塗り(シリコン塗料)2,500円 297,000円

合計 760,320円

これに先ほどの足場代を足すと、860,112円となります。

ということで、延坪30坪の外壁塗装の概算費用は約86万円と計算されます。
大体、費用相場に近い金額となりました。

外壁塗装費の内訳

外壁塗装、費用の内訳は以下の4つに分けることが出来ます。

  • 足場代
  • 材料費
  • 人件費
  • その他経費

足場を自社で保有していることは滅多に無く、リースしていることが多いです。
そのため足場代も実際に見積もりを取ってみないと分かりません。
業者によって単価も変わってきます。

安定した足場は綺麗な塗装には必要不可欠です。

先ほど計算したように、足場代も決して金額ではありません。
足場代無料!といった業者は怪しいことがお分かりになるかと思います。

人件費も職人さんの経験によって単価が変わります。
ベテランと新人さん、下請け業者では人件費には差があります。

質の高い外壁塗装を短期間でやって欲しいから、とベテラン3人を現場にいれてもらうなどすると、人件費は高くなります。

外壁塗装の費用はこのように業者によって変動する部分が多いため、定価がさらに出しにくいといえます。

そのため、詳しい費用を知るためには業者に見積もりを取る必要があります。

外壁塗装の費用相場を抑えたら、見積もりを取ってみてください

外壁塗装の費用相場、目安の金額がある程度分かったら、今後は実際に見積もりを取られることをおすすめします。

実際にお住まいの建物を外壁塗装した時、窓の数、大きさ、壁面積、外壁の劣化状況などから相場とした金額よりも、安い見積もり価格になる可能性もあります。

また粘りに粘って築20年目で外壁塗装、といった場合には相場よりも費用が高くなる可能性は高いですね。

足場に関しても、費用が住宅1軒1件で変わってきます。

近い将来、外壁塗装をすることをご検討されているのであれば、実際に塗装業者さんに見積もりをしてもらい具体的な費用を知ることが大切です。

無料で見積もってもらえます。

ヌリカエで外壁塗装 費用シミュレーション、相見積もりが取れる

ヌリカエ

ヌリカエでは外壁塗装の費用相場を知ることが出来ますし、また相見積もりを取ることも出来ます。

相場を事前に知った上で、地元で実績のある塗装業者から相見積もりを取れるのはとても便利です。

個人で複数の業者に相見積もりを依頼するのも、正直、面倒ですよね・・・

同じ建物の外壁塗装であっても、業者によって数十万円の価格の開きがある場合も。

相見積もりで工事内容、費用の比較をすることはとても大切です。

⇒ ヌリカエ 公式ページ

相見積もりをした後、当然ですが依頼をしない業者が出てきます。

ヌリカエなら業者への断りも代わりに連絡してもらうことが出来ますので、安心です。

-外壁塗装の費用
-

Copyright© 外壁塗装 費用 シミュレーション , 2020 All Rights Reserved.